2021/9/29現在

Google-Youtubeは、
ワクチンが「効果がない、または危険である」
という主張を、プラットフォーム上で
禁止にすることにしました。


YouTubeは、COVID-19にとどまらず、ワクチンが慢性的な健康被害を引き起こすと主張するコンテンツや、ワクチンの成分に関する誤った情報を含むコンテンツも含めて、すべての反ワクチンコンテンツを禁止すると、9/29日水曜日に公開されたブログ記事で発表しました。

現在投与されているワクチンのうち、「地域の保健当局やWHOによって安全性と有効性が承認・確認されているもの」について誤った情報を投稿したユーザーは、YouTubeのストライキポリシーの対象となり、削除される可能性があるとブログ記事で発表しています。

「これには、承認されたワクチンが自閉症や癌、不妊の原因になると偽ったり、ワクチンに含まれる物質が接種者を追跡できると偽ったりするコンテンツが含まれます」とYouTubeは述べ、このポリシーは麻疹などの特定の予防接種だけでなく、ワクチンに関する一般的な記述にも適用されると付け加えています。

YouTubeのグローバル・トラスト・アンド・セーフティ担当副社長のマット・ハルプリン氏は、著名な反ワクチン活動家を追放し、いくつかのチャンネルを削除することも発表しています。

YouTubeは、ロバート・F・ケネディ・Jr.関連のChildren’s Health Defense Fund、Joseph Mercola、Erin Elizabeth、Sherri Tenpennyなど、「著名なワクチン誤情報拡散者」のチャンネルだとして YouTube上から削除すると伝えています。

引用HPːInsider Paper

コロナ時代の危険な検閲を受けずに投稿、視聴できる新しい動画投稿サイトを紹介。

ランブル:Rumble

Rumble

新しい動画アプリをお探しですか?より早くフォロワーを増やすことができ、チャンネルを選ばずに検索や関連動画を見ることができ、動画を収益化できます。Rumbleは、すべての動画のための新しいホームです。主要なクリエイターが日々参加しており、あなたも動画コンテンツの新しい未来に参加できることを期待しています。


スマホ:
Rumble – Google Play のアプリ
Rumble-App Storeのアプリ

残念ながら、まだ日本語未対応ですが、こちらも動画の配信、収益化が可能なYoutubeに代わるプラットフォームです。

登録方法の動画はコチラで確認できます。

ニコニコ動画

また、ここにきて日本版YouTubeならぬ日本最大級の動画サービス、ニコニコ(niconico)に、コロナウイルスやワクチン関連の動画が集約し始めている模様。YouTubeにて排除された動画なども、再転載アップされています。

ニコニコ動画9月の動画ランキング「社会・政治・時事」のカテゴリーでは、なんと10本中4本の動画がコロナ関連で占められており、10月に入った現在も、人気のあるタグに紐づけられている動画にはワクチン関連が上がってきていることがうかがえます。

「ニコニコ動画」をGoogle Playで
「ニコニコ動画」をApp Storeで

実際、コロナワクチンは治験が完了しておらず特例承認の状態です。


世界を網羅して、ますますワクチン関連の動画や情報が制限されることは疑心暗鬼になっても仕方ありませんが、逆に情報があふれている中では個人個人の情報リテラシーも必要になります。

さまざまな情報を見ては最終的に精査して、たしかな知恵を汲み取っていきましょう。

追記:10月1日に急遽動画配信サイト「ニコニコ動画(ニコ動)」は新型コロナウイルスをめぐる誤情報対策を講じると発表。

2021/10/1現在

ニコニコ動画が競合のYouTubeと比べて対応の遅さが指摘されていたとのことで新型コロナウイルスをめぐる誤情報対策を今後、講じると発表しました。

主な対策方法としては、新型コロナに関する検索結果と動画視聴ページに、専用ページに誘導するリンクを設置するとのこと。

 またページには、首相官邸や厚生労働省のウェブサイトで最新情報を確認するよう呼びかけている表示も掲載されるとのこと。

ニコニコ動画より

ドワンゴは、ポリシーとして「ニコニコ動画は、自由にコンテンツを発表し、そのコンテンツを見た人が思い思いのコメントを付けることができるサービスです。表現する人の人種、性別、年齢、所属する組織、過去の経歴などは一切問わず、誰もが平等に自分の思いや作品を発表できる場所です」とサービスの理念を説明。

ドワンゴとしては、誰もが平等に自分の思いや作品を発表できる場所として、


今後も、規制は最小限にとどめたいとの意向のようです。